×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

発毛と薬について

発毛と薬について

発毛の薬についてです。

 

発毛剤という事で、色々な商品が一般でも発売されていますが、

今では病院で男性型脱毛症(AGA)に効くとされる

「プロペシア」という薬を処方できるようになりました。

 

この薬は、2005年に厚生労働省の薬事承認を得て、

病院で処方出来るようになった唯一の薬となります。

 

ここでは、上記で紹介した飲む発毛剤「プロペシア」と

つける(塗る)発毛剤「リアップ」の2つの発毛の薬について紹介します。

 

・「プロペシア」

 価格  :1錠250円程度 

 服用方法:1日1錠

 特徴  :フィナステリドという成分が配合されている。

      服用を始めてから、早い人で3ヶ月程で効果が出始める。

      効果があるかないかは、1年ほど経過したら判明するとされている。

      1年待っても効果が無い場合は、薬が合わない可能性が高い。

      一つ厄介な事として、一度服用を始めるとやめられないという事があります。

      やめると、それまでの効果が水の泡になりますので気をつけましょう。

      ※女性と20歳未満には効果はありません。

 

・「リアップ」

 価格  :1本5,000円

 服用方法:1日2回(朝/夕)塗布

 特徴  :1999年に厚生労働省に認可された薬で、

      元は血管を拡張し、血圧を下げる降圧剤に使われた成分が配合されている。

      頭頂部に発毛を期待できる。

      ただし、副作用が出る場合があり、その時は使用を控える必要がある。

 

以上が、発毛薬の比較になります。

それぞれ、メリット・デメリットがある事が分かって頂けたのではないでしょうか。

これら、発毛剤は必ずしも効果があるとされている訳ではありません。

 

事実、プロペシアは脱毛の進行遅延という事しか効果は謳っていません。

万人に効果が表れるわけではないという事を意識しながら薬を服用する必要がありますね。